Eagle Eye

S2 NetBox

従来セキュリティーシステムは"専用サーバー"や"専用ソフト"が必要で、PC本体やOSの変更の
度に新たなサーバーやソフトウェアにしなければなりませんでした。

既存3扉のテンキー付き電子錠から新規に入退室管理システムへセキュリティーの更新をおこない、
より強固なセキュリティーを構築するだけでなく、ユーザー(社員)の入退室方法はICカードと
非接触カードリーダーを使用し、『誰が』『いつ』『どこに』入室可能か一元管理できる
システムを構築します。

【製品概要】

システムはWebブラウザー(Internet ExplorerやGoogle Chrome)を利用するシステムで、専用サーバーおよび管理ソフトウェアを必要としません。そのためOSのバージョンアップ等により入退室管理システムのバージョンアップや買換えの頻度を抑えることができます。 扉枚数に応じたコントローラーを選定可能でNetBoxでは最大32扉まで管理可能です。33扉目以降からは上位機種のExtreamにアップグレードすることにより最大256扉まで管理可能です。

【特 徴】

・Web ブラウザーベースシステムで専用ソフトウェアとPCの必要がなくOSに依存しないシステム構成
・Webブラウザから完全に動作し、アクセス制御、アラーム監視、ビデオ監視を統合可能
・1画面による、イベント・カメラ・扉ステータス・アクセス履歴などをカスタムモニタリング可能
・在室管理レポート機能、アンチパスバック、自動データベースバックアップ機能搭載
・多様な入出力により照明・空調連動可能
・SSL接続による安全な通信

【機器構成概要】



・Web ブラウザーベースシステムで専用ソフトウェアとPCの必要がなくOSに依存しないシステム構成
・Webブラウザから完全に動作し、アクセス制御、アラーム監視、ビデオ監視を統合可能
・1画面による、イベント・カメラ・扉ステータス・アクセス履歴などをカスタムモニタリング可能
・在室管理レポート機能、アンチパスバック、自動データベースバックアップ機能搭載
・多様な入出力により照明・空調連動可能
・SSL接続による安全な通信
1、監視カメラ連動/カメラ設置による不正抑止とオフィス入室状況を映像と正確な日時で記録する事により、
  なりすましの事後確認や不正アクセスの録画、不正発生時の証拠にするなど、多岐にわたり記録映像を
  有効活用できる。また、S2 NetBoxの管理画面で一元管理できるので、映像の確認、再生が煩雑に
  ならないようにすることが可能です。

2、信号入出力基板を追加する事により、様々な信号の入力と出力が可能になり、例えばServer Roomの
  温度管理や水漏れ検知、照明機器制御装置との連動による時間設定での照明ON/OFFや会議室の照明消し
  忘れの確認などを一元管理できます。

3、図面上にアイコン表示が出来、視覚的に扉の開閉状態・信号入出力状態・システムトラブル状態などが
  確認できます。
  ※システムの拡張は、段階を踏んで拡張可能です。一度に監視カメラ連動、入出力基板の追加等の
  システム拡張をおこなう必要は御座いません。また、順番に縛られることも御座いません。

ご予算に応じて、適時ご希望の機能を拡張いただくことが可能です。

拡張性によるソリューション(構築例)





温度監視機能

・リモートサイトの温度監視
・温度解析、グラフ表示(1時間前、前日、先週、先月)




図面、アイコン、カメラ映像表示機能



※弊社取り扱いのクラウド型監視カメラサービス「イーグル アイ」との組み合わせのソリューションはお客様には 更なる安心を提供いたします。併せてご検討ください。

カテゴリー